いままで多くのバッグを買ったけれども、持ち手の部分やチャックが壊れてしまって、直そうとおもい、靴やカバンの修理屋さんに持ち込むと「これだったら修理すると費用がかかってしまうから」と買い直しを勧められたことはありませんか?費用がかかっても修理をしてもらいたいと思うのは、ブランド品や値段の高い一点物でしょう。それでも愛着があって直したいと思うものですが、そのバッグが5000円未満で購入したものであれば、好きなバッグだとしても買い直した方がいいと思えるほど、修理費用は案外高いことが多いです

バックバッグ修理には、どのような店を選べないいのでしょう。自宅の近くにショッピングセンターがある場合ですと、靴・バッグ・洋服の仕立てなどの修理屋さんが入っています。街中のクリーニング屋でも、それらの修理をしますと看板がでていることもありますが、ズボンの裾上げなどであれば依頼するのに躊躇することもないでしょうが、バッグとなるとどうでしょうか?

バッグの中で一番簡単な修理箇所は、ファスナーの部類ですが、ズボンのチャックならまだしもバッグなのに直せるのかな?と疑問が浮かぶこともありますよね。受付をしてくれる人が裏の作業場で修理などをしてくれていますが、どちらかといえば、お裁縫は得意という感じの方が働いている印象が強いです。

バッグの修理箇所は、持ち手やファスナーだけでなく、根皮と呼ばれている皮の先端部分やベタ付き、内側の袋部分を交換したり、金具も古くなれば新しいものやバッグに四隅も修理したくなります。どちらにしても修理には時間をかかりますので、バッグの修理を専門にしている店を探してみましょう

バッグ修理のポイント